いまとミライ

いまとミライ

~暮らしやすい街しののめ~

「いまとミライ ~暮らしやすい街しののめ~」は、広島市の「元気なまちづくりプロジェクト」の一つとして、東雲地区商店会が企画・推進するプロジェクトです。このページでは、本プロジェクトの概要として目的と成果をご案内しております。

私たちが重視すること

暮らしやすい街にする「目標」を掲げて継続的に「交流」することに大きな意義があると考えます。
世代の異なる3つの層で「元気なまちづくり」を実行することこそが当会が最も重視しており、なによりも実現したいことです。

「暮らしやすい」の具体化

「暮らしやすい」という抽象的なテーマを掲げ、それを肉付けする「〇〇〇だから、暮らしやすい」と言えるための具体的な部分を東雲地区で見つけ出すかもしくは創造する取り組みこそが、将来の東雲地区をより「暮らしやすく」するために大きな意味を持つと信じ、今、始めたいのです。

そこでまず、2020年度に私たちが始める取り組みは

地域の情報をまとめた「ブランディングBOOK

周遊を促すスマートフォンのアプリ「しののメッシュ」

の企画・制作です

「ブランディングBOOK」

「ブランディングBOOK」は地域情報誌です。

  • 地域外にも配布することでエリア魅力を広く認知
  • 商店に至っては販売促進のツールとして展開
  • メディア各社へのプレスリリースを行い、記事化されることで認知拡散・参画した若者の達成感を醸成します

「しののメッシュ」

「しののメッシュ」はスマートフォンで使うアプリです。

  • 公園の掲示板、学校で開催する運動会や演奏会の案内、地域団体の会合予定、などの情報を今よりも手軽に周知・確認
  • この地区で商工業を営む方が発行する割引クーポンを掲載して消費促進
  • この地区を周遊するゲームで地区の魅力を発信し続ける

プロジェクトの活動記録

2020.11.29

地域団体の皆さまに段原中学校へお集まり頂きました。本プロジェクトの概要やプロジェクトメンバーをご紹介させて頂きました。最後にしののめさんが登場し来場者全員で記念写真を撮影させて頂きました。

2020.12.15

12月14日から16日の三日間は東雲地区の町内会・企業・お店の取材です。夕方の取材では段原中学校の生徒さんたちと一緒にたくさんの話を聞かせて頂きました。