日常

スカウトマン

portrayal

今日はプロ野球のドラフト会議です。
お昼のTV番組で取り上げられていたのは、広島東洋カープ 大瀬良投手にまつわる田村スカウトの物語でした。

大瀬良投手の高校時代から注目していた田村スカウト。
長年気にかけていた大瀬良投手は九州共立大学での4年間を経てさらに成長した。
ドラフトで大瀬良投手は12球団すべてからのオファーをOKとしつつも、内心ではカープを希望していたという。

ドラフト当日、3球団で競合した。
ドラフト会議でのくじ引きは、監督や球団社長が引くことが多い。
しかし、田村スカウトをくじ引き役に指名した松田オーナー。

そして、見事引き当てた田村スカウト。
「自分がいちばん見続けてきたので・・・絶対に当たると・・・」
と目に涙を浮かべる。

いろんな人のいろんな想いを感じる物語でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。